体作りイメージ

美ボディになろう

体を美しく保ちたいというのは多くの人が望むことではないでしょうか。実年齢と見た目が同じでは、不満な人も多い時代です。男女を問わず、できるだけ若く見られたいという願望があるようです。平均寿命も延びましたから、年をとってからの人生も長い時間があります。定年退職したからといっても、老後という言葉は似合わない時代です。そこから、第二、第三の人生が始まると考えられるようになりました。 ほとんどの人が長生きするのですから、それに合わせて体のケアもしっかりしておきたいものですね。生きていても、体のあちこちが痛くて、思うように動けないというのでは、楽しさが半減してしまいます。そのためにも、今からできることを始めて、いつまでも若々しくいられるようにしていきましょう。 そのためにはそんなことを始めればいいのでしょうか。私は、美しくいるために、3つの柱があると考えています。。 一つ目は体力です。体力づくりには適度な運動が一番です。運動と言っても、激しい運動は体のためにはあまりよくありません。健康を目的とした、軽い運動を続けることです。 二つ目は見た目の美しさです。体型は、見た目年齢に大きく関係します。中年太りはもったいないですよ。う美しいスタイルをキープするためにできることをあげていきます。 三つ目は心です。いつも前向きに考えられる人は、若々しく見えますよね。表情だって明るく見えます。 この3つの視点から美しさを身につけることができるのではないでしょうか。若いうちは、なかなか考えられないかもしれませんが、年をとってからでは遅いということもあります。人間は生まれたときから老化が始まっているといいますね。美ボディを作るのに、早すぎるということはありません。気になった人は、今すぐ、できることから始めてみてはいかがでしょうか。